美顔器 手袋 リフトアップ

MENU

手袋型のリフトアップ美顔器ってどんなの?

リフトアップのための美顔器といえばコロコロローラー美顔器や超音波美顔器のようなイメージもありますが、「手袋(グローブ)型」というちょっと変わった美顔器もあります。

 

美顔器の中ではそれほどメジャーなタイプではありませんが、リフトアップ効果や使い勝手などを詳しくご紹介しましょう。

手袋(グローブ)タイプのリフトアップ美顔器にはどんなものが?

手袋(グローブ)タイプのリフトアップ美顔器は、EMSが使えるものが多いです。EMS以外の機能では、マイクロカレントが使える美顔器もあります。

 

機能としてはローラー美顔器でも対応できる機能ですが、手袋(グローブ)型の美顔器であることを活かして指や手で柔軟にEMSやマイクロカレントを顔やボディに当てていきたいという方におすすめとなります。特に顔の細かい凸凹に合わせて指で丁寧にケアできるのがうれしいですね♪

 

使い方は少々特殊(?)で、本体となる手袋(グローブ)の内側に絶縁用の内手袋を装着して使います。そして、EMSやマイクロカレントが通電した本体の手袋(グローブ)を直接肌に当てて、筋肉トレーニングや美肌トリートメントを行うのですね◎

 

お風呂に入りながら、身体が濡れた状態で使う美顔器もあれば、身体が乾いた状態でも使える美顔器もあります。

手袋(グローブ)美顔器のリフトアップ効果はどう?

では、手袋(グローブ)美顔器の肝心のリフトアップ効果はどうでしょう?

 

(画像:リフトレ

 

それほどメジャーではないタイプの美顔器なので、どの美顔器についても口コミもそれほど多くないのですが、きちんと使い続けている方は顔・お腹・お尻などのリフトアップ&シェイプアップ効果を感じられています。

 

一方、本体の手袋(グローブ)の内側に絶縁用の内手袋をするのが面倒に感じられたりする方が少々多く、その面倒さがネックで長続きしない⇒結果リフトアップ効果も期待したほど感じられない、となってしまうこともあるようです。この辺りは、自分が面倒さを感じそうかどうか、それぞれの美顔器の使い方をしっかり確認して慎重に選びたいですね。

 

また、美顔器によってはとてもデリケートな商品であることもあるようで、購入してから短期間で壊れてしまったという美顔器もあります。

 

せっかく、きちんと使えばリフトアップ効果が望める美顔器なので、壊れやすいものを選んでしまうことのないよう信頼できるメーカーの美顔器を選ぶと良いかもしれません。

手袋(グローブ)美顔器のおすすめは?

手袋(グローブ)タイプの美顔器としては、例えばヤーマンから現在3種類発売されています。

 

その中でも人気があるのが、「eグローブシェイプ」。EMSとマイクロカレントの二つの機能が使える手袋(グローブ)美顔器です。

 

お風呂に入りながらのながらケアでフェイスラインがリフトアップしたりウエストが引き締まったりなどの効果を感じている方が多いのが特徴です。

 

人によって手にびりびりと刺激を感じたりするようですが、それだけEMSが機能しているということかもしれません(または、絶縁用の手袋をきちんと装着していないという可能性もあるかも・・・)。

 

美顔器という機械で肌に触れるのではなく、手袋(グローブ)越しとはいえ手で自分の顔や身体に触れるのは、自分を優しく労わりながらケアしたい方にはとても向いている方法ですね。

 

きちんとケアを続ければ筋肉が引き締まってリフトアップ効果を感じる人も多い美顔器ですので、手袋(グローブ)タイプのEMS&マイクロカレントケアが自分に向いていると感じる方にはぜひ試していただきたい美顔器の一つです◎

 

>>eグローブシェイプは正規品をヤーマン公式サイトから♪

 

 

 

ここでは、手袋(グローブ)タイプの美顔器によるリフトアップ効果や、おすすめの美顔器についてご紹介しました。

 

ちょっと特殊な美顔器なので、人によっては使いづらさを感じることもあり得ますが、この方法が合っている方には顔もボディもリフトアップ&シェイプアップできるのでお気に入り美顔器になるかもしれませんね♪

 

当サイトでは、よりメジャーなリフトアップ美顔器なども含めて今特に人気のあるおすすめ美顔器をご紹介しています。

 

手袋(グローブ)タイプ以外の美顔器も気になる!という方は、よろしければ合わせて参考にされてみてください◎
リフトアップ対策で今一番注目されている美顔器は?