美顔器 リフトアップ 高周波

MENU

リフトアップにはラジオ波(高周波)が効果的?

たるみ肌をリフトアップするための美顔器を探していて、「高周波(ラジオ波)」を使った美顔器に行き当たり、「高周波美顔器って?リフトアップ効果は本当にあるの?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

 

実はこの高周波は、美顔器の中でもリフトアップ効果が高いとして近年注目度がぐんと高まっている美顔器の一つ。

 

では、ラジオ波(高周波)って何なのか、どうやってリフトアップ効果が出るのかちょっとご紹介します♪

ラジオ波(高周波)は電気エネルギーの一種

ラジオ波とは、高周波、サブマイクロ波、RF波などとも呼ばれる、周波数の高い電気振動を指します。

 

皮膚に当てると深部(真皮~皮下組織にかけて)にまでそのエネルギーが届き、皮下組織に適度な温熱刺激を与えることで美容効果を与えることができます。

 

 

 

良くある温熱美容は、肌表面に熱を与えますが、ラジオ波は肌の内部で熱を発生するので、より深い部分にまで美容効果を与えることができます。

 

実際、皮膚の表面から温めるタイプの温熱美顔器は、皮膚の内部まで十分に温めるためには表面から相当程度の熱を加える必要があり、火傷をする恐れもあります。

 

が、高周波では、皮膚表面には熱の負荷をかけずに皮膚の内部だけを温めるため、安全で効率的に効果を得ることができるのです。

高周波はどうやってリフトアップするの?

では、高周波(ラジオ波)はどうやってたるみをリフトアップするのでしょう?まずは動画でその仕組を見てみましょう。

 

 

上で、高周波は皮膚の内部で熱を発生するとご紹介しました。この「熱」が、即効のリフトアップ効果と長期的なリフトアップ効果を生み出す鍵になります。

リフトアップの即効性

単純に言うと、お料理でお肉を加熱すると縮みますよね?高周波によるリフトアップの即効性は、これと同じことなのです(もちろん顔がそこまで加熱されるわけではありません)。

 

皮膚組織は、熱が加えられるとその場で収縮する性質があります。これが、高周波美顔器によるリフトアップの即効性を生み出すのです。

長期的なリフトアップ効果

また、高周波による同じ「熱」がリフトアップの長期的な効果も生みだします。

 

これはどういうことかというと、まず、皮膚組織に熱が加えられたことをあたかも「火傷による損傷を受けた」と疑似体験することで、皮膚組織がその火傷を治そうと修復に取り掛かります。

 

この修復作業の中で、皮膚の「繊維芽細胞」が活性化されコラーゲンを作り出します。これにより皮膚のコラーゲン量が増え、たるみが引き締まってリフトアップしていくのです。

 

なお、コラーゲン量の増加は、高周波美顔器によるケアを始めて1ヵ月〜数か月ほどでその効果が感じられるようになることが多いです。

美容クリニックでも「サーマクール」として使われる技術

美容クリニックなどでは、たるみ改善や肌の引き締めを目的として、高周波(ラジオ波)治療器が使用されることもあります。

 

メスを使わないたるみ治療として、「サーマクール」という名前を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。

 

クリニックの高周波(ラジオ波)は高出力のため痛みを伴うこともありますが、家庭用のラジオ波(高周波)美顔器はクリニック用のマシンほどの出力ではないため、痛みもありません(もちろんその分効果の出方も遅くなります)。

 

例えば、家庭用の高周波波(サブマイクロ波)美顔器で、サーマクールの15分の1の出力によるトリートメントが行えるものも出ています。
 
写真のnewaリフトです。

 

家庭用ということでクリニックの15分の1のパワーではありますが、即効性を感じる人も多いのが特徴です。

 

使い始めは効果の持続性はそれほど強くなく、継続して使うことで効果が定着していきます。

 

新商品としてリニューアルされ、さらに注目が高まっているラジオ波美顔器の
newaリフトって、どんな美顔器なんでしょうか?

 

NEWAリフト以外のラジオ波(高周波)美顔器はどう?

ラジオ波(高周波)はNEWAリフトの大ヒットによって注目度がかなり高まってきているため、最近発売される美顔器ではラジオ波(高周波)が搭載されている美顔器が増えてきています。

 

なので、NEWAリフトでなくともラジオ波(高周波)が搭載されていれば同じ効果が期待できるのか?とちょっと気になりますね。

 

これは管理人がNEWAリフトを含めていろいろ美顔器を使用してみた主観ですが、ラジオ波(高周波)の温熱効果の感じ方は、いくつかある高周波美顔器の中でもやはりNEWAリフトが一番強いように感じます

 

例えば、最近発表された美顔器で「Re;Born+(リボーンプラス)」という美顔器があり、これも高周波やその他の機能を使うことができます。

 

が、Re;Bornリボーンの高周波による温度はNEWAリフトに比べるととてもマイルドな感じ

 

うっすら温かみを感じる程度なので、Re;Bornリボーンの高周波がそれだけでNEWAリフトと同じように引き締め&リフトアップ効果を発揮するようには感じられません。

 

リフトアップ効果はあくまで、高周波とその他の機能の合わせ技でという気がします(そして、合わせ技で保湿や美肌などトータルなエイジングケアをするという意味ではRe;Bornリボーンもとても優れていると思います)。

 

Re;Bornリボーンの詳細はコチラの記事で★

 

 

対してNEWAリフトでは、肌の中をしっかり温めている!というのが良く分かります。

 

そして、やはりこの熱が肌を引き締めてくれるようで、1回のケアで肌が引き締まる即効性や、長い目でほうれい線やあごのたるみなどのフェイスラインがすっきりしていく効果は、NEWAリフトはさすがだなぁという気がしています。

 

NEWAリフトの肩を持ちすぎに聞こえるかもしれませんが(笑)、いろんな美顔器を使ってみた経験からも、たるみの引き締めという意味ではラジオ波(高周波)を最大限に使うことのできるNEWAリフトはやっぱりすごい、という気がしています。

 

医療メーカーが作った美顔器という信頼が高いのもNEWAリフトの安心店でもありますね◎

 

【画像付きレビュー】NEWAリフトの使用レポートを口コミします♪