リフトアップ 食べ物

MENU

リフトアップに効果的な食べ物ってどんなの?

顔・肌がたるんだ時のリフトアップに必要なのは、肌の弾力を保つこと、そしてお顔の筋肉を鍛えることです。

 

美顔器や化粧品などでリフトアップを図ることはたるみのリフトアップに大事ですが、それと同時に身体の中からたるみにくい肌・常にリフトアップした顔を作っていくことも重要ですね。

 

その意味で、食べ物は身体の中から肌を変えリフトアップするために重要です。ここでは、リフトアップに効果的な食品をいくつかご紹介します。

弾力成分を補給してリフトアップする食品!

お肌の弾力成分としてはコラーゲンが良く知られていますね。

 

コラーゲンを体内に摂取するとまずアミノ酸に分解され、体内で再びコラーゲンとして再構築されます。このため、コラーゲンを食品で積極的に摂るのはリフトアップ対策としても望ましいといえます。

 

ではどんな食品にコラーゲンが多く含まれるかというと、例えば牛すじ、鶏肉の皮、うなぎ、鮭(特に皮)、すっぽん、豚足などなどが挙げられます。

 

 

また、真皮層を構成する成分、エラスチンが豊富に含まれる食品としてはマグロ、カツオ、タラなどの魚類、豚肉などがあります。

 

サプリでこういった成分を摂る方法もありますが、実際の食物からバランス良く摂れると確実なリフトアップのためにも尚良いですね◎

女性ホルモンのような働きでコラーゲン生成を助ける食品成分?

女性であれば、ホルモンの一つである「エストロゲン」という言葉は一度は効いたことがあるでしょう。エストロゲンには、女性らしい身体を作ったり、肌や髪のハリを作ったりする「美容ホルモン」としての役割もあり、コラーゲンを生成するのに関わるホルモンとして知られています。

 

ですがこのエストロゲン、年齢とともに減少してしまうのですね。そのため、エストロゲンに似た働きをする成分を食品から摂ることで補完することがリフトアップのためにも望ましいといわれます。

 

そして、エストロゲンと似通った働きをする成分として挙げられるのが、豆類や豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」です。食品から大豆イソフラボンを摂取することで、エストロゲンの代わりに大豆イソフラボンに皮膚のコラーゲン生成を助けてもらい、リフトアップを図ることができるのですね◎

 

 

ちなみに、大豆イソフラボンの理想摂取量は40〜50rほど。納豆1パック食べれば充分なので、一日に一食程度、豆類・豆製品を取り入れてみましょう。

ビタミン類も積極的に補給しよう

先ほど、皮膚のコラーゲンはアミノ酸をもとに生成されると触れました。実はアミノ酸からコラーゲンが生成される際には酵素がそのサポートをしているのですが、その酵素の働きを助けるのがビタミン類です。

 

 

特に、コラーゲンを摂取する時に意識して摂取したいのがビタミンCです。というか、アミノ酸からコラーゲンを生成するにはビタミンCが不可欠なんですね。なので、コラーゲン食品でリフトアップを図りたい場合にはビタミンCも一緒に摂るようにしましょう。

 

ビタミンCを含む食べ物としてはフルーツ、野菜(アセロラ、レモン、いちご、パセリなど)などが挙げられます。手軽に手に入る食品がほとんどなので簡単にリフトアップケアができますね♪

固いもの、根菜類でアゴを鍛えてリフトアップ!

ここまで、リフトアップに効果が期待できる食品や成分を摂取する方法をご紹介してきましたが、もう一つ別のアプローチを。

 

具体的には、食品を食べる際にリフトアップを意識しながら「噛む」ということです。

 

たるみをリフトアップするには、皮膚の弾力成分を増やすのと同時にアゴの筋肉を鍛えることも重要になります。このため、硬くてたくさん噛むことが必要な根菜類を積極的に取り入れたり、食材を大きく切ってその分噛む回数を増やすなどの工夫をしてみると良いでしょう。

 

 

リフトアップに効果的な食べ物を意識して取り入れながらバランスの良い食事をすることが、たるみのない美肌、健康につながります。

 

楽しんで毎日の生活に取り入れてみましょう♪

 

 

食材で身体の中からリフトアップを図るのと同時に、皮膚に直接働きかけてたるみを解消していけば、より効率的ですね。皮膚に直接働きかける方法としては、美容液やマッサージなどがありますが、それがさらに効果的にできるのが、美顔器

 

最近は、コラーゲンを増やすことのできる美顔器などもあるので、検討してみても良いかもしれません♪
コラーゲンが増やせる美顔器は、ランキングで何位?